パソコン・ビデオカメラの動画をiPhoneやiPadのimovieで編集する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneやiPadの動画編集アプリimovieは本当に便利です。手軽に編集できるので結構クオリティーが高いんです。ios 7以降は無料アプリになったので利用する人も多いと思います。

結婚式の動画に使ったのだがパソコンからipadに取り込みない、、、

結婚式で使う余興の動画を作成するためにimovieを使いました。撮影機材はiphoneとパナソニックのビデオカメラです。

iphoneで撮影して動画は簡単にiPadに移して編集が出来ました。。。。が!!!! パナソニックのビデオカメラの動画が移せないのです。

パナのビデオカメラの動画形式がmtsです。まずこれをmp4に変換しなくてはなりません。

幸い私の撮影した動画は1本1本が5分以内の動画ばかりなのでWinX HD Video Converter Deluxeと言うソフトの体験版を利用しました。

これは纏めて一気に形式を変換できるので便利です。5分以上の動画には有料版が必要です。

パソコンからipadやiphoneにmp4動画を取り込む方法

全ての動画をMP4に変換したら今度はipadに取り込み作業です。

私の方法は少し時間がかかるので面倒でした、、、が色々と調べてみましたが他に方法がないのです。ダウンローズもダメでした・・・・・・・(やり方が間違っていたのかもしれません)

さて本題です!!!!

手順1   グーグルドライブを使うので登録していない人は新規登録をする(パソコン)

手順2 グーグルドライブのアプリをipadにインストールする。ログインアカウントはパソコンで登録してもの  (スマホ)

手順3  パソコン側の動画を分かりやすいように一つのフォルダーにまとめてグーグルドライブにアップロード

手順4  ipadでグーグルドライブアプリから動画をダウンロードする。この時 アプリで開く⇒ビデオを保存の順にタップします。

これでカメラロールに動画が保存されました。なのでimovieで編集できます。

だだし!!!!

動画を再生しようとしても「対応していない」  動画を保存しても「カメラロールに出てこない」と言う事がちょくちょく起こります。

これは動画容量や本数によるのですがmp4に形式が変換されていれば、数回すり返していると保存できるようになります。

iphoneやipadが動画を一通り読み込む前だとおこる現象なので、動画をタップしてから少し待っていると良いです。

それでもなかなかダウンロード出来ない時はスマホの再起動などで改善される事があります。

最後に、、、、これでもどうしても出来ないと言う人には有料ですが手っ取り早くiPhone・iPad USBメモリ 32GB Lightning 対応 MFi認証 Gmobi iStick 600-IPL32GLが良いです。パソコンの動画をUSBメモリに移してそのままipadに接続して動画を移す事が出来ます。

 

 

⇒⇒⇒ジャンル別おススメ家電販売店を激選しました、、、

スポンサーリンク

コメントを残す