維持費が安くて何処でも使えるプリペイド式の衛星携帯を持っているといざという時に便利

このエントリーをはてなブックマークに追加

衛星携帯

最近は衛星携帯の需要が高まっていると言うことで、「衛星携帯って何?  料金はどうなっているの?」 そんな疑問を簡単に説明していきます。

衛星携帯の需要が増えてきている理由とは?

衛星携帯とは文字通りで衛星を介して利用できる電話です。普通の携帯電話と違う所は  いつでも何処でも空があれば使える  と言う事です。

ドコモ・ソフトバンク・auで電波の無い山岳部や海などで使えます。それも世界中で使う事が出来ます。 でもそれだけだと必要ないと思う人が多いのですが、衛星携帯に人気が出ている理由は他にあります。

 1日以上の停電時の携帯会社の電波塔に電気が来ていなくても使える

 有事の際、電話が込み合いなかなか通じない時でもスムーズに繋がる

 以前とは違い毎月の維持費が掛からない衛星携帯が出てきた

東日本大震災で電話が通じない、連絡が取れない日が続きました。その理由は長時間の停電で携帯会社の電波塔に電気が来なかったからです。

電気が復旧しても混雑でなかなか繋がらないと言う事が良くありました。これから訪れるかも知れないと言われている関東大震災等の防災対策に衛星携帯の需要が高まっています。

維持費が以前の物とは違い格段に安くなった事も大きく利用者が増えた理由だと思います。

衛星携帯が買える場所と料金

衛星携帯は大手の通信業者のドコモ・ソフトバンク・auでも購入する事が出来ます。・・・・

が!!!!!料金が高いです。月額の決まった料金の支払いが必要なので、日常で使う人なら良いのですが防災対策で常備してと言う分にはちょっと無駄な部分が多いです。

そこで最近人気なのはプリペイド式simの衛星携帯電話です。プリペイド式の有効期限は一年です。期限が切れる前に小額のチャージをすれば有効期限が一年延びます

1ドル120円換算でチャージ最低金額は1620円です。この金額を支払うだけで一年の期限なので、防災対策として常備しておく携帯電話としては凄くおすすめ出来ます。

毎月の維持費が必要ないという事と着信も受けれると言うのが人気の理由です。TypeBlueというお店で販売しているThuraya XT LITE SIMフリー 衛星携帯電話 プリペイドSIM付は84,800円と衛星携帯の中でも価格は安く3年保障もあるので安心です。

まとめ
年間1620円を支払う事で空があればどんな時でも使える携帯電話を維持する事が出来るので防災対策として人気が出ている

hanbai

 

 

 

⇒⇒⇒ジャンル別おススメ家電販売店を激選しました、、、

スポンサーリンク

コメントを残す