ドコモのAQUOSケータイ SH-06Gは基本ガラケーでした

このエントリーをはてなブックマークに追加

AQUOSケータイ SH-06G
ドコモから発表されたAQUOSケータイ SH-06Gはスマホのアンドロイドをベースとしながらもガラケーでした。

料金プランもFOMAのままで通信速度も従来の3Gです。ただしネットはパソコンのサイトを観覧できたりアプリのラインは利用する事が出来ます。

 

AQUOSケータイ SH-06Gで出来る事と出来ない事

料金プランがFOMAと言う事もあり、基本的にはガラケーです。LTEも非対応で従来の通信速度でアプリを追加することも出来ません。パソコンサイトを表示中もタッチパネルは非搭載なのでテンキーでの操作です。

じゃあガラスマじゃないじゃん!?

SH-06Gはガラケーとスマホの特性を持つガラスマと言う位置ずけで販売されます。スマホの要素は人気アプリラインとクラウドメールサービス「ドコモメール」の利用やパソコンサイト・スマホサイトの観覧です。

スマホじゃなくガラスマを選ぶ意味は!?

スマホに比べて機能の制限は多いものの一番の魅力は安い料金プランです。FOMAの料金プランなのでバリュープランSSで1840円~

ただしネットでサイトも沢山見る人はパケホウダイに加入が必要なので結局料金は高くなってしまいますね。なのでネットはパソコンorタブレットでラインだけ出来るガラケーが欲しいと言う人にはスマホより格安で利用できると思います。注意点としてwi-fiも非対応です!!

 

 

⇒⇒⇒ジャンル別おススメ家電販売店を激選しました、、、

スポンサーリンク

コメントを残す